楽器買取専門業者を比較ランキング形式でご紹介!出張・宅配買取も口コミで評判【エレキギター・アルトサックスの査定にもおすすめ】

楽器の買取ではケースも一緒に買取してくれる?

いらなくなってしまったヴァイオリンやチェロ、フルートやファゴットなどの楽器を買取業者に出そうと思ったときに、ケースもいらないなと思うこともあるでしょう。このようなときにケースも一緒に買い取ってもらうことはできるのでしょうか。

ケースも一緒に売ることができるのが一般的

楽器を買い取っている業者に相談してみるとケースも買い取ってくれるのが一般的で、一緒にまとめて売ることも単独で売ることもできます。基本的にはその業者が取り扱っている種類に限られていて、ヴァイオリンを取り扱っているならヴァイオリン関連のものなら買い取るという仕組みになっているのが通例です。

ピアノしか取り扱いがない業者にヴァイオリンの箱を買い取って欲しいと申し出ても断られてしまうことになる場合が多いでしょう。なぜこのような対応になっているのかを理解するにはビジネスモデルを知っておく必要があります。

品物を買い取っている業者では、その品物を再販することによって高く売り、差額によって儲けを得るというビジネスモデルで利益を上げているのが基本です。そのため、事業利益を増やしていくためには扱っている品物の回転を速くするか、マージンを増やすかが重要になります。

それに加えて有効なのが周辺アイテムも取り扱うようにする方法なのです。販売している品物と一緒にあると便利なものが安く販売されていたら魅力的に感じる人も多くなります。

周辺アイテムなら何でも良いというのは確かですが、例えばフルートがバルクではなく箱に入った状態で買えたとしても持ち歩くのに不便な場合もあるでしょう。持ち運びしやすい専用のバッグも販売されていて安ければ、是非とも一緒に買いたいと考える人も多くなるのです。このような考え方で関連する周辺アイテムについては本体と一緒でも別々でも買い取ってくれるのが一般的になっています。

ただ、本体に興味を持っている人が商品のラインナップを見てくれるということを考えると、取り扱っていない商品の周辺アイテムについてはあまり買い取っても売れる見通しを立てることができません。そのため、その業者が取り扱っている商品に直接関連するようなアイテムだけ買い取ってくれるようになっています。

どの程度のものまで買い取るかは業者によって違うので、問い合わせて確認してから売りたいという話を持ちかけるのが賢明です。

買取価格への影響を理解しておこう

楽器を買い取ってもらうときにケースも一緒に売ろうという場合には買取価格にどのような影響を及ぼすかについてもよく理解しておくのが大切です。単純に考えるとそれぞれを査定して、その査定価格を合わせた金額で買い取ってもらえるということになります。大抵の場合にはこのような対応になっていて、個々の価格に応じた金額で買い取ってもらうことになるでしょう。

ただ、場合によっては同時に売ったほうが高くなることもあります。典型的なパターンとして挙げられるのが、もともとセットになっている商品をセットのまま売ったという場合です。

例えばフルートの場合にはそのフルート専用の箱がついていて、持ち歩きにも適したデザインになっていることがよくあります。他の場合にも同様で、バルクの状態で買ったものやディスカウントショップなどで購入したものでなければ付属品があるでしょう。

その付属品が揃っているとオフィシャルに認められているセットとしての価値が生まれることから高く買い取ってくれることが多くなっています。どのくらい価格に上乗せしてくれるかは業者次第ですが、1割から3割くらいのプラス査定になるのが一般的です。

一方、特にセットとして販売されていたものではないという場合には基本的には個別に買い取ってもらったのと金額に違いはありません。セットで購入した場合にはそれぞれがどのくらいの価値を持っているのかは判断するのが難しいですが、本体は比較的高く売れるのに対し、付属品はあまり高く売れないというのが一般的になっています。

ブランド物などの場合には状況も異なるので、どのくらいで売れるかは個別に確認してみるようにしましょう。

価格比較をすることが重要な理由

このような状況を考えると楽器とそのケースを買い取って欲しいというときには業者間で価格比較をするのが重要だということが想像できるでしょう。売るからにはできるだけ高いほうが良いというのはもっともなことです。

少しでも高く売れるようにするには比較をしてみるのが肝心で、業者ごとに査定価格が異なるのでそれぞれいくらで買い取ってくれるかを見極めなければならないのです。特にまとめて売りたいと思っているときには厳密な比較をするのが重要になります。

価格比較を厳密におこなう必要が生じるのは楽器そのものとケースをそれぞれ別の業者に買い取ってもらう方法と、まとめて同じ業者に売る方法の二つを選べるからです。先の例にしたがって、フルートと専用の箱を一緒に売ることを考えてみましょう。

いくらで売れるかを判断するためには査定をしてもらって見積書を出してもらうという手続きをすることになります。見積もりを取った結果として、ある業者ではフルートは1万円で買い取ることができ、専用の箱は2,000円で買い取れるということになったとしましょう。

別の業者ではどうなるかと考えて問い合わせてみたところ、フルートは9,000円、専用の箱は2,500円だという見積もりが得られることがあります。このようなときには先に見積もりを取った業者にフルートだけ売ってしまい、後に見積もりを取った業者に専用の箱を売れば最も利益が大きくなるとわかるでしょう。

ただ、3社目に相談してみたところ、両方とも売ってくれるのであれば13,000円だけれど、フルートだけなら9,500円、ケースだけなら2,200円という見積もりになることもあります。この場合にはフルートと専用の箱をそれぞれみると3社目が最も安くなってしまうので候補になりませんが、総額で見れば1社目と2社目にそれぞれフルートとケースを売るよりも、3社目にまとめて売ったほうが高くなるということがわかります。

このようにまとめて売ることで高額買取をしてくれる業者があると見積もりの比較も複雑になるので、慎重に価格比較をすることが重要になるのです。見積書を出してもらうときには内訳がわかるようにしておくのも肝心で、内訳がわからないとこのような比較もできなくなります。

 

楽器を売るときにはケースも一緒に売ってしまいたいということがよくあります。買取業者では付属品についても一緒に販売していると多くの人が目を向けてくれるようになりやすいことから、精力的に買い取っているのが実態です。

一緒に売ると高く売れるようになることもあるため、別々に売ろうとするよりもまとめて査定を受けてみるのが良いでしょう。特にもともとセットで販売されていたものであれば付加価値が高いので価格が高くなる可能性があります。

そうでない場合にもまとめて売ると単独で一つずつ売るよりも高い価格をつけてくれる業者もあります。そのため、まとめて売ろうという場合には特に業者間での価格比較をするのが重要です。個々の買取価格とセットでの価格が両方わかるように見積もりを出してもらって比較するようにしましょう。

サイト内検索
楽器買取ランキング一覧!
第2位 中古楽器堂
第4位 大黒屋