楽器買取専門業者を比較ランキング形式でご紹介!出張・宅配買取も口コミで評判【エレキギター・アルトサックスの査定にもおすすめ】

壊れたギターの買取は可能?買取価格はどうなる?


壊れたギターを持っている人の中には、買取に出すことを検討している人もいるでしょう。しかし、それと同時に「壊れたギターなんて買取してもらえるのかな?」「少し壊れているだけなんだけど、どれくらい買取価格に影響するのかな?」とお悩みではありませんか?そこで、この記事では、壊れたギターの買取について詳しく解説していきます。

壊れたギターも楽器の買取屋なら買取可能

壊れたギターは一般的なショップでの買取は難しいですが、楽器を専門とした買取業者なら買い取ってもらえることがあります。その理由には、次のようなものがあります。

修理して再販できる

楽器の買取屋では、ギターが壊れていても修理して再販できます。楽器の買取屋には、楽器の修理ができる従業員が勤務しているため、壊れたギターが持ち込まれても、修理して通常通り動くようにし、再販できるのです。状態による買取価格の違いは後述します。

ギターのパーツのみ販売できる

ギターのパーツだけでも販売できることも、壊れたギターを買い取ってもらえる理由の1つです。また、ギターのパーツは製品をまたいで共通していることもあり、パーツのみの需要は少なくありません。そのため、楽器の買取屋であれば、ギターが壊れていたとしてもパーツに分解して販売できるため、問題なく買い取ってもらえます。

コレクターへ販売できる

壊れたギターでも、ビンテージギターや限定品などコレクターの中で価値があるギターであれば、思ってもみない買取価格がつくこともあるかもしれません。コレクターの中には「目当てのギターであれば壊れていても構わない」という人もいるからです。ギターは収集品として比較的人気の高いジャンルですから、コレクターへの販路を持っている買取業者であれば壊れたギターでも買い取ってもらえるでしょう。

壊れているギターの買取価格への影響

壊れたギターでも買い取ってもらえる、とはいっても、やはり壊れてしまっていると買取価格は低くなってしまいます。ただ、壊れている状態によって買取価格は異なるので、状態による買取価格の差を見ていきましょう。

音が出ない

エレキギターの場合、アンプにつないでも音が出ない状態になってしまうことがあります。アンプにつないだときに音が出ないのは、電気系統に異常がある場合が多く、どうしても修理に費用がかかってしまいます。ピックアップは高額なため、買取価格は低いことが多いです。

音が正常に鳴らない

買取価格は低くなることが多いです。音が出ない場合と同様、電気系統が故障していることが多く、費用をかけて修理しなければなりません。そのため、買取価格は低くなってしまうでしょう。ただ、鳴る音の具合や修理度合いにも左右されるので、ケースバイケースです。

傷や汚れがある

比較的高めの買取価格です。傷や汚れがあってもギターの性能への影響はなく、大きな修理の必要がありません。また、修理が必要な場合でも、軽いクリーニングや再塗装で済みます。加えて、買い手も少しの傷や汚れなら許容してくれるケースが多いです。そのため、比較的高い価格で買い取りできます。ただ、あまりにも大きな傷やクリーニング不可能な汚れがある場合、買取価格は落ちてしまうかもしれません。

ネックが反っている

ネックが反っているギターは、買取価格が大きく下がってしまいます。ネックが反っているとチューニングが合わないことに加えて、音の鳴りや弦のテンション(張り)に影響してしまいます。ネックを修理する際には、1フレット目よりヘッド寄りにあるフレット(ネックボルト)を六角レンチで回しながら調整する必要があります。ネックの反りの修理は専門知識と技術が必要となり、素人には難しいため、無理に直そうとせず買取業者にまかせることをおすすめします。

フレットが消耗している

ギターのフレットは、弦が擦れることによって消耗します。フレットの修理はギターのメンテナンスの中でも大がかりな作業となるため、買取価格に大きく影響します。修理する際には、フレットを取り外して、新品のフレットを打ち付けていきます。工数が多いため、買取価格は安くなってしまうでしょう。

ネックが折れている

ネックが折れている場合、そのままではギターとして機能しません。そのため買取価格はかなり低めと考えておきましょう。修理方法としては新しいネックと交換することになり、作業工数も多くなります。また、稀に修理できないこともあり、その場合、分解してパーツのみの販売になることが多いです。そのため、買取価格はかなり低くなってしまいます。

弦が足りない、切れている

弦が足りない、切れている程度であれば、買取価格にはさほど影響がありません。ギターの弦は普通に使用していても切れるものですから、張りなおせばよいだけです。ただ見た目の印象を少しでもよくするために、事前に補修してから査定に出すといいでしょう。買取価格はギターの状態を査定して決められますが、見た目の印象も価格を決定する要素となります。

壊れたギターの処分には費用がかかる

ギターが壊れたとき、買取ではなく処分を検討する人も多いかもしれませんが、費用がかかってしまいます。壊れたギターの場合、粗大ゴミとして出すか廃品回収に出す、不用品の引き取りサービスを利用するのが一般的です。

粗大ゴミとして出す場合には、自治体によって異なりますが数百円で済むでしょう。しかし粗大ゴミの回収日と日程が合わないといった理由で不用品の引き取りサービスを利用すると、意外に高くつくこともあるため注意しましょう。

リサイクルショップでは買取が難しい

楽器の買取屋への依頼や処分でもなく、リサイクルショップに持ち込むこともできますが、壊れたギターの場合、買取が難しいです。。

修理できる従業員がいない

まず、修理できる従業員がいないことが理由として挙げられます。楽器の買取屋であれば、修理できる従業員がいるため、再販が可能でした。しかし、リサイクルショップでは、修理できる従業員がいないため、買い取ったとしても、需要の少ない壊れた状態でしか販売できません。そのため、リサイクルショップとしては壊れたギターを買い取るメリットが少なく、買取が難しいのです。もし買い取ってもらえたとしても、安い値段しか付かない可能性が高いでしょう。

そもそも壊れた製品の買取を拒否している場合がある

次に、壊れた製品の買取を拒否している場合も、理由の1つです。上記で説明したように、リサイクルショップ側としては、壊れた製品を買い取るメリットはあまりありません。そのため、元から壊れた製品の買取を拒否していることも多く、壊れたギターの買取はそもそもできないこともあります。

楽器の価値が正しく判断されない

最後に、楽器の価値が正しく判断されないことが挙げられます。上記でも触れましたが、有名なビンテージギターや限定品などはコレクターへの需要があるため、壊れていても買い取ってもらえるかもしれません。しかし、これは楽器の買取屋だからこそ可能なのです。楽器の価値を判断できるスタッフがいるからこそ、壊れていても買い取ってもらえる可能性があるのです。

 

壊れたギターは処分に費用がかかり、リサイクルショップでの買取も難しいです。逆に楽器の買取屋であれば、壊れていても買い取ってもらえることが多く、買い叩かれる心配もほぼありません。買取を検討中の人は、楽器の買取屋に依頼してみてはいかがでしょうか。

サイト内検索
楽器買取ランキング一覧!
第2位 中古楽器堂
第4位 大黒屋
記事一覧