楽器買取専門業者を比較ランキング形式でご紹介!出張・宅配買取も口コミで評判【エレキギター・アルトサックスの査定にもおすすめ】

キーボードの買取価格相場は?高く買い取ってもらうためのコツ


さまざまな楽器の中でも、初心者が取り組みやすく人気のキーボード。キーボードを買取に出すことを検討されている方も多いでしょう。ですがそれと同時に、「キーボードの相場はどのくらいなの?」「どうすれば高く売れるのかな?」と疑問をお持ちではありませんか?そこで、この記事ではキーボードと買取に関して詳しく解説していきます。

キーボードの買取価格の相場

キーボードの買取価格の相場はピンキリです。1,000円でしか売れないものもあれば、100,000円以上の値が付く場合もあります。ざっくりとした傾向ですが、元値が安いものや人気のないモデルは安い価格で買い取られ、元値が高いものや人気のあるモデルは高い価格で買い取られます。

キーボードを売る方法

ではここからはキーボードを売る方法について見ていきます。3つあるのでそれぞれ整理していきますね。

■売買サイトに出品する

まず、売買サイトに出品するのが方法の1つです。個人が物品を売買できるサイトにキーボードを出品し、購入されるのを待ちます。この方法であれば、ある程度の値段でキーボードを売ることが可能です。売買サイトでは仲介業者を通さず個人で取引をするため、買い叩かれる心配はほぼありません。また、少々の傷や汚れがあっても許容されるケースが多く、そういった面でも値段が下がりにくいです。

一方で、デメリットがあるのも事実です。売買サイトでキーボードを販売する場合、売れる保証がなく、梱包・配送作業に手間がかかります。上記で書いたように、売買サイトでは出品の後、誰かが購入するのを待つシステムです。そのため、誰にも購入されない可能性があります。また、キーボードは精密機械なので水や衝撃に弱く、他の楽器よりも厳重に梱包することが必要です。加えて、その大きさや重量ゆえ、配送所に運ぶのにも苦労します。

■リサイクルショップで売る

次に、リサイクルショップで売るのも1つの方法です。家の近くのリサイクルショップに持ち込み、現金やポイントと交換してもらいます。この方法のメリットですが、すぐに報酬が受け取れることが挙げられます。売買サイトで売る場合と違い、リサイクルショップでは、その場で査定をしてキーボードを引き取ってもらえます。そのため、すぐに報酬を受け取ることができるのです。

しかし、それと同時に買い叩かれてしまう危険性もあります。リサイクルショップで勤務する従業員には楽器に精通した人がいるとは限らないため、しっかりと査定してもらえるかはわかりません。査定に不備がある場合、相場よりも低い価格で買い取られる可能性が出てきます。買取価格は気にせず一刻も早くキーボードを売りたい場合に利用するのがいいでしょう。

■楽器買取専門の業者に依頼する

楽器買取専門の業者に依頼するのも方法の1つです。リサイクルショップと同じく、キーボードを業者の店頭に持ち込むか、自宅で引き取ってもらい収入を受け取ります。

この方法のメリットとして、買い叩かれる心配が少ないということが挙げられます。リサイクルショップとは違い、楽器買取専門の業者楽には、楽器査定のプロがいます。そのため、相場と同じ、もしくはそれ以上の金額で買い取ってもらえる場合が多く、低い値を付けられる心配はほぼありません。

しかし、傷や汚れ、紛失物がある場合には値段が大きく下がってしまうというデメリットも存在します。買取専門の業者は商品の状態を重視するため、キーボードに大きく傷や汚れが付いていたり、付属の保証書がなかったりすると、どうしても値段が下がってしまうのです。その点は他の方法に比べてデメリットだといえるでしょう。とはいえ、普通の状態であればそれなりの値段が付くため、一番堅実で確実性のある販売方法です。キーボードの状態がかなり悪くない限り、買取専門の業者に出すのがいいでしょう。

キーボードを高く買い取ってもらうコツ

販売方法に続き、高く買い取ってもらうコツも合わせて見ていきましょう。コツは3つあるので、それぞれ参考にしてみてください。

■本体をきれいにする

まず、本体をきれいにしましょう。指紋やほこりなどをふき取り、キーボードをきれいにするだけで、買取価格が上がります。そのため、キーボードに付いた汚れはしっかり落としましょう。では、クリーニング方法を解説していきます。

まず、キーボードをキーボード用クロスで乾拭きしてください。これで、大体のほこりや指紋は落ちるはずです。なお、キーボードを拭く際は、必ずキーボード用クロスで拭くことを心がけてください。一般的な布や雑巾だと目が粗く傷が付いてしまい、逆に値段が下がる可能性があります。そのため、必ずキーボード用のクロスで拭くようにしましょう。

次に、乾拭きでも汚れが落ちなければ、キーボード用のクロスにキーボードクリーナーを含ませて拭いてください。これで、乾拭きでは落ちないような頑固な汚れがしっかり落とせます。なお、ここで注意ですが、洗剤やシンナーなどは使用しないでください。変色の原因になり、先ほどと同じく、値段が落ちてしまいます。必ずキーボード用のクリーナーを使用するようにしましょう。

■本体をきれいな状態で保管する

次に、本体をきれいな状態で保管するようにしましょう。せっかくきれいにしても再度汚れが付着すれば値段が落ちてしまいます。そのため、きれいな状態で保管することも実践してください。

では、保管方法を解説していきます。カバーをかけて衝撃吸収剤と共に箱に入れ、直射日光が当たらない場所に置くといいです。キーボードにカバーをかけることで汚れが付くことを防ぎ、衝撃吸収材を入れることで外傷を防げます。ビニール袋や気泡シートを使って梱包し、箱に入れてみるといいでしょう。

箱は付属のケースもしくは段ボールで構いません。箱に入れる作業が完了したら、今度は直射日光が当たらない場所に置きましょう。直射日光を当ててしまうと、付属のケースやキーボード本体の変色につながり、販売価格が落ちてしまいます。そのため、直射日光が当たる場所は避けて保管しましょう。上記を実行すれば、キーボードの状態をかなりよく保つことが可能です。

■付属品を揃える

最後に、付属品を揃えましょう。キーボードを買い取ってもらう場合、付属品があるだけで買取価格が上がります。そのため、しっかり揃えるようにしましょう。何を揃えればいいかですが、購入時に合ったものはすべて必要です。やはり、欠品がない方がいい値段で買い取ってもらえます。保証書やケーブル、台など、さまざまな付属品があると思いますが、できるだけすべて揃えるようにしましょう。

なお、ケーブルに限り、紛失している場合は買い足しておいてください。ケーブルの購入代金よりも、ケーブルがないことによって発生する損失の方が大きいです。そのため、買い取りに出すまでに買っておきましょう。

 

キーボードは楽器としては人気で、高値で買い取ってもらえることも少なくありません。また、本体のクリーニングをした状態で保管し、付属品を揃えれば、より仲値で買い取ってもらえます。ぜひ、この機会に買い取ってもらいましょう。もし、買取に出すのであれば、楽器買取専門の業者に依頼するのがベストな方法です。よほど状態が悪くない限り、いい値段が付きますし、報酬を受け取れない心配も少ないです。ぜひ、楽器専門の業者に依頼することを検討してみてください。

サイト内検索
楽器買取ランキング一覧!
第2位 中古楽器堂
第4位 大黒屋
記事一覧