楽器買取専門業者を比較ランキング形式でご紹介!出張・宅配買取も口コミで評判【エレキギター・アルトサックスの査定にもおすすめ】

楽器別の買取金額相場

使わなくなった楽器がある場合、専門の業者に買い取ってもらうのがおすすめです。しかし、業者によって買取価格は異なってきますし、適当に売却すると損をしてしまうこともあるので注意しましょう。また種類別の相場をチェックしておくのもおすすめです。

 

 

ギターはどのくらいの金額で売れるのか

エレキギターやアコースティックギターを売りたいという場合、買取相場を確認しておきましょう。ギターを売る時の注意点は付属品を用意しておくということです。ケースはもちろん、その他の付属品なども用意しておけば査定額アップに繋がります。

ギターの場合は未経験者が購入することもあるため、きちんとお手入れをしておくことも大切です。ピッチパイプやストラップが付いているかどうかも確認されるため、きちんと揃っているか確認してから査定に出しましょう。

汚れが気になる部分はクリーナーなどで落とし、金属部分の錆も落としておくと査定額アップが期待できます。エレキギターやアコースティックギターの買取価格は、有名ブランドの商品で100,000円程度となっています。

ちなみに、カスタムをしていると査定額が下がってしまうこともあります。そのため売却する前に元の状態に戻しておくと良いかもしれません。後付けのピックアップがある場合、本体と別で査定に出すことで査定額がアップすることもあります。

あまり知られていないブランドより、有名ブランドの方が高額で売れることが多いです。

 

ベースやドラムセットはどのくらいの金額で売れるのか

ベースやドラムセットを売りたいという場合、買取価格の相場や高く売るためのコツを確認しておきましょう。ベースはさまざまな商品がありますが、こちらもギターと同じで付属品の有無によって査定額が大きく変わってきます。

メーカーの公式サイトなどを確認し、全ての付属品がそろっているか確認してから査定に出すのがおすすめです。ステッカーを貼っている場合、ドライヤーで温めると綺麗に剥がすことができます。錆びているネジが多い場合は新しいネジに変えた方が良いかもしれません。磨くよりも綺麗に仕上がるため、査定額アップに繋がるでしょう。

カスタムをしていると査定額が下がってしまうため、できるだけ元の状態に近づけることが大切です。エレキベースの買取価格は50,000円程度となっています。ドラムセットはドラムやシンバル、スネアなどが組み込まれた製品ですが、使う人の好みや音楽性で異なってきます。

日本でも海外でも数多くのブランドがあり、旧型のドラムセットでも使用状態によっては高額で売れることもあります。エレキドラムの買取価格は20,000円程度であり、スネアドラムは10,000円程度ということです。

 

弦楽器はどのくらいの金額で売れるのか

バイオリンやチェロなどの弦楽器を売りたいという場合、買取価格の相場や高く売るためのコツを知っておくと良いでしょう。バイオリンやチェロなどはオーケストラで欠かせない製品です。これらを売却する場合、作られた時の状況や現在の状態を把握しておくことが大切です。

そのため製品のメーカーやモデル、製造された年、購入時期など事前に調べておきましょう。また、傷がある場合は査定額が下がってしまうことがあるため、目立つ傷がないかどうかを確認しておくこともポイントです。

さらに、ケースや付属品の有無によっても査定額が変わってくるため、しっかり探して揃えておくのがおすすめです。最近ではイタリア産の製品が人気となっていますが、日本の有名メーカーの製品も根強い人気がありますし、高く売れることが多いです。

チェロの人気ブランドは海外メーカーが多く、初心者から上級者まで愛用されています。日本のバイオリンメーカーでも学習用チェロなどが販売されており、品質に優れているので中古でも高く売れることが多いです。

買取価格はバイオリンが120,000円程度であり、チェロが150,000円程度、コントラバスは170,000円程度となっています。

 

管楽器はどのくらいの金額で売れるのか

管楽器の売却を考えている場合、買取価格の相場や高く売るためのコツを知っておくことが大切です。トランペットやホルンなどが金管楽器であり、フルートやサックスなどが木管楽器に分類されています。これらを高く売りたいという場合、状態がきちんと整っていることが重要です。

スライドがスムーズに動かなかったり、凹みがあると音質が変わってしまいますし、キーのバランスが狂っていると査定額が下がってしまうことがあります。売却前のメンテナンスによって査定額が大きく変わってきますし、使う予定がないなら早めに売却してしまうのがおすすめです。

トランペットの買取価格は20,000~170,000円となっており、メーカーやモデルによってかなりの差があります。サックスの場合は200,000円が相場です。トランペットやサックスなどの製品は人気が高く、クラシックやジャズ、ロックなどさまざまな音楽ジャンルで使われるため、中古でも需要が高いと言われています。

また、ヴィンテージものはジャズ奏者からの人気が高く、意外と高額で売れることがあります。

 

キーボードはどのくらいの金額で売れるのか

キーボードを売却したいという場合、買取価格の相場や高く売るためのコツを確認しておきましょう。キーボードは鍵盤楽器の総称であり、狭義では鍵盤がついているシンセサイザーのことを指しています。主にロックやポップスなどの楽曲に使用される楽器ですが、さまざまなメーカーからいろいろな商品が販売されています。

一つのメーカーだけでもさまざまなシリーズを展開しており、使う人が好みに合ったものを選べることが特徴です。キーボードは新商品が出るのが早く、古いものはどんどん価値が下がってしまう傾向にあります。使わない可能性が高い場合、そのままにしておくのは勿体ないですし、早めに売却してしまった方が良いでしょう。

買取価格の相場はメーカーやモデルによって異なってきますが、10,000円~50,000円程度となっています。ちなみに、高額で売れるのはアナログシンセサイザーであり、これはアナログ回路を使用した製品です。

1980年代半ばまで普及していましたが、現在ではデジタルシンセサイザーが多くなっています。しかし、最近では独特の音質と機能が改めて評価されるようになってきたのです。

 

その他の楽器や機材も売ることができる

その他の楽器や機材の買取相場も種類別に確認しておきましょう。DJ関連の機材としては、ターンテーブルやDJミキサー、DJコントローラーといったものがあります。このような機材はさまざまなメーカーがいろいろな商品を生産していますが、操作性に優れた製品が人気となっています。

各チャンネルを把握しながら音量調整ができるものや、パソコンのソフトウェアを見ながら操作できるものなどは特に需要が高いということです。ターンテーブルの買取相場は180,000円程度であり、DJミキサーは120,000円程度、DJコントローラーは50,000円程度となっています。

音源モジュールはいろいろな音を出すことのできるシンセサイザーのことであり、MIDI音源と呼ばれることが多いです。こちらにもいろいろな種類がありますが、汎用性が高くさまざまな場面に対応できる製品が人気となっています。

また、64パート再生ができる製品も需要が高いということです。音源モジュールの査定額は商品によって異なりますが、10,000~90,000円程度となっています。

 

楽器の買取で査定額が高くなるのは有名なメーカーの製品です。もちろん形式やモデル、状態によっても異なりますが、有名なメーカーの製品なら急激に価格が下がるといったことはありません。また、楽器の状態も査定額に影響してきます。