楽器買取専門業者を比較ランキング形式でご紹介!出張・宅配買取も口コミで評判【エレキギター・アルトサックスの査定にもおすすめ】

楽器買取の際に必要なもの

手元にある楽器を楽器買取してもらいたい時、どんなものが必要になるのかきちんと把握しておけば、それほど難しいものではありません。専門店の「みんなの楽器市場」の宅配買取・出張買取・店頭買取でそれぞれどんなものが必要になるのかを説明します。

 

 

本人確認になる身分証は必要になるのかどうか

楽器を買い取ってもらいたい時に、身分証が必要になるのかどうかは気になるところではないでしょうか。個人情報なのでむやみに知らせるのも気がかりだという心配もあるからです。

しかし、古物営業法の法律に従って行っているので、身分証となるものはあらかじめ準備しておかなくてはなりません。運転免許証・健康保険証・パスポートなどの確認が要るので、できれば本人の顔写真と一致することが確認できる運転免許証やパスポートの方が問題なく認めてもらいやすいものです。

買取の会社次第では、身分証の種類によっては2つ提出するか、またはコピーを添付するかというケースも考えられます。前もって、買い取りを利用する前に、準備をしておくようにしてきましょう。

せっかく、買い取ってもらう条件を満たしているのに、本人確認が確実に出来ないままだと、認めてもらえないことにもなりうるからです。本人確認になるものは、どんなものを準備しておくのが良いかも、事前に確認しておくと買い取りもスムーズに行くようになります。

 

未成年の利用は出来るのかどうか

未成年が、自ら持っている楽器を買い取ってもらうことはできるのかどうかも、悩めるところでしょう。金銭と物のやりとりが行なわれるので、未成年では成立しないのではないかとも思う方も少なくありません。

こちらでは、20歳未満の方の申込みは断るようになっていますが、一定の条件を満たした場合だけには、買取も可能です。その条件とは、家族の同意が得られている場合だけですので、その確認が取れているかどうかも注意してください。

宅配を利用する場合には、査定をしたのちに納得の行く査定額が出たら同意して初めて成立します。お金は指定の口座に振り込まれる流れになっているので、確実に口座を準備しておかなければなりません。

その際に、未成年で自分名義の口座で適切なものがなかったり、口座を保有していなかったりして、振込んでもらえないこともありますので、その際には保護者に申し込みをしてもらう方がスムーズに行くと言えるでしょう。

未成年は、同意がなければ、売りたいと思って会社の利用をしたくても申込が出来ないことを覚えておいてください。

 

宅配で買い取ってもらう時の流れ

宅配で買い取ってもらう時の流れを、詳しく説明して行きます。まず、電話か問い合わせフォームから連絡を入れると、大まかな買取額の他、発送方法を丁寧に説明してもらえます。

次に、商品の破損を避けるために緩衝剤などを準備して梱包をするのですが、梱包材が最寄りで準備できない場合でも、会社が無償で準備してくれるので心配もありません。専門の会社なので、迷った時にはどんな梱包方法が適しているのかを遠慮なく相談をしましょう。

梱包する時に、身分証明書となる運転免許書・健康保険証・パスポートなどのコピーをして同封するを忘れないように注意してください。コピーの余白には、申込者の銀行口座を記載しておいてください。佐川急便やヤマト運輸などの送料着払いで発送をすると、送料は会社が負担してくれるのでこの点も心配ありません。

商品が到着すると査定が行なわれ、査定に納得が行けば商談が成立することになるので営業日2日以内にお金が振り込みされるようになります。比較的スムーズに行われるので宅配であっても、日数が大幅にかかる心配もないでしょう。

 

出張して買い取ってもらう時の流れ

出張してもらう場合も、宅配の時と同じように、まず電話か問い合わせフォームから連絡を入れると、大まかな買取額や発送方法の説明をしてもらうことが出来ます。

ここで申込者の都合を伝えると出来るだけ希望日に出張出来るように取り計らってくれるようになるので、希望の日時をリストアップしていき、遠慮なく伝えるのがコツです。必ずしも希望日に出張するわけでないものの極力希望に添えるような出張を行うようにしてくれるからです。

また、条件を満たした時だけですが当日でも出張してもらえることもできるので、まずは相談をする時に希望日と時間を決めておくと良いです。自宅や指定の場所に、スタッフが訪問するのですが、商品の動作確認を行うこともあるので、電子ドラムやシンセサイザーなどの場合には、システムを解除しないままで接続した状態でスタンバイしておくようにしてください。

置き場所を早めに移動させてしまったり、システムの接続を遮断したりしてしまっておく方が、時間や手間がかかり査定が長引いてしまうことになってしまうので、注意をしましょう。

 

店頭へ出向いて買い取ってもらう時の流れ

店頭へ出向くならいつでも大丈夫なのではないかと思いがちですが、実はそうでもないので注意すべき点があります。電話か問い合わせフォームから、宅配や出張と同じように連絡を入れて来店日の予約をしなければなりません。

面倒な印象を受けるかもしれませんが、査定スタッフが不在の時に来店すると、せっかく出向いたのに査定をしてもらえなくなるためです。出張の時と同様に、査定スタッフが動作確認をして、コンディションを見て買取査定を説明してくれます。

商談が成立したら現金で支払ってもらえますが、本人様確認が必要なので身分証明書になる運転免許書か健康保険証かパスポートなどを示すようにしてください。商談が不成立だった時にも、費用を支払う必要は一切ありません。

査定料や動作確認をしてもらっても、全て無料で行ってもらえるので安心して利用ができます。逆に、査定を行っただけでその費用を求めるような会社の場合には、悪質な対応をしていると考えられます。

「みんなの楽器市場」は、健全で出来るだけ高額な査定を行っているので、不成立はわずか2%と極力少ないのも信頼の証だと言えるでしょう。

 

買い取ってもらうための準備の注意点

初めて、楽器を買い取ってもらおうとすると、宅配・出張・店頭でも本人確認書類が必要になることは、まず頭に置いておきましょう。店頭まで足を運んで持参するのを忘れると、二度手間になってしまいますし、楽器は大型のものもあるので運ぶ際の負担も大きくなってしまいます。

宅配の場合には、本人確認ができる身分証のコピーが必要になることと、申込者の振込先の口座の記載も必要になりますので、充分、確認をした上で梱包をするようにしておきましょう。

また、楽器の購入時の箱や保証書、取扱説明書、その他の付属品などがあれば添えておくと何らかの査定額のアップに影響もあると考えられます。見た目の保存状態が良いことも、査定額に影響するので、自分なりにきれいな状態で保つように出来る限り丁寧にコンディションを整えておけるものは、整えるようにするのが賢明です。

壊れている場合でも、知識と経験が豊富な査定スタッフが確認をして買い取ってくれることもあるので、検討してみるのもおすすめです。そのため、査定額がつかなくても無料で引き取るケースもあるので、知っておくと役立ちます。

 

「みんなの楽器市場」なら専門の査定スタッフが、3つの方法で買い取るシステムを整えており、出来るだけ査定額を上げて買い取ってくれるので人気が高く安心して依頼できます。

必要なものを確認して申込むと、スピーディーで高い査定額で買い取りを実現するので初めての方でも不安なく利用出来るようになるのも魅力です。

サイト内検索
楽器買取ランキング一覧!
第2位 中古楽器堂
第4位 大黒屋