楽器買取専門業者を比較ランキング形式でご紹介!出張・宅配買取も口コミで評判【エレキギター・アルトサックスの査定にもおすすめ】

ネットオークションで楽器を売れば高値がつく?楽器買取業者との違い

趣味や部活で音楽をやっていたけれど、もう使わなくなった楽器が家で眠っている人も多いはずです。そんなときに流行りのネットオークションで楽器を売れば高値がつくのでしょうか。この記事では、ネットオークションと楽器買取業者との違いについて解説します。また、ネットオークションで注意が必要なことについても紹介します。

ネットオークションの特徴

まずはネットオークションの特徴を解説します。ネットオークションを利用すれば、高値で楽器を売ることはできるのでしょうか。

ネットオークションとは

ネットオークションとは、オークションサイトで出品されている商品の中から、欲しい品物を自分の希望額で入札する買い物方法です。

一般的なオークションサイトの場合、現在の最高価格が表示されています。購入希望者は、その最高価格よりも高い金額であれば入札できます。そして期間内に最も高い金額で入札した人が、その商品を購入できるのです。出品者はスマホで写真を撮って説明文を書いて出品します。便利なサービスなので利用者が多いのも特徴です。

フリマアプリも人気ですが、購入希望者が入札していくので徐々に値段が高くなっていくのが大きな違いといえます。不用品を売却する際、フリマアプリとネットオークションの両方を使い分けている人もいます。

買取店よりも高くなることも

ネットオークションには、欲しい商品が市場価格より安く購入できたり、生産終了した商品や非売品を入手できたりするメリットもあります。ですから、愛好家にとっては探していた品が手に入るチャンスがあります。

また、希少価値が高い品や熱心なコレクターがいる品は高額になることも期待できます。出品者にとっては、自分の売却希望額よりも高く売れる場合もあるのです。ネットオークションで楽器を出品してみたら、楽器買取店の査定額よりも高く売れるケースもあります。

時間とお金がかかる

ただし、ネットオークションのデメリットは、終了まで時間がかかることです。またネットオークションでは、多くのユーザーに商品を見てもらえるかどうかが鍵になります。

たくさんの人に興味を持ってもらえると入札者数が増え、金額も上がりやすくなるのです。しかし、そのために商品を宣伝するために、数千円のお金がかかる場合もあります。時間とお金をかけても、入札者が現れない場合もあります。

個人間のやり取りになるためトラブルには注意!

便利で気軽に始められるネットオークションですが、実は注意してほしいことがあります。利用者の急増にともなってトラブルも増えており、総務省も注意喚起しています。どのようなトラブルが発生しているのか説明しましょう。

お金のトラブル

入金してずっと待っていても商品が送られてこない、また、商品を送ったのに入金されないという声が寄せられています。出品して落札されたら、商品を送付する前に相手の氏名、住所、電話番号、メールアドレスを確認することが大切です。

また、トラブルの可能性も考えて、相手先の銀行振込みの控え、宅配便の伝票などは大切に保存しておきましょう。

品物が違う

さまざまな手口による詐欺のようなトラブルも発生しています。出品時の説明と違う商品が届いた、ブランド品と説明に書かれていたが偽物だった、というトラブルがあります。

また、届いた商品が壊れていたという例もあります。このような被害を防ぐためには、信頼できる出品者かどうか見極める必要があります。取引する前には、相手の過去の取引実績をしっかり確認しましょう。顔の見えない相手とのやり取りになるので、注意深くなる必要があります。

楽器買取業者を利用時との違いは?

それでは、ネットオークションを利用した場合と、楽器買取業者を利用した場合、どんな違いがあるのでしょうか。

査定

ネットオークションに出品する場合は、自分で最低価格は決められますが、あとは入札者次第で最終価格が決まります。なかなか楽器の価値を判断できる人は少ないので、出品者の中にも最低価格をなんとなく決めてしまう人もいるかと思います。

一方、楽器を買取業者に売った場合は、きちんと査定して値段をつけてもらえるメリットがあります。ただし、気をつけたいポイントがあります。楽器を買い取っている業者には、総合買取業者に依頼する方法と楽器専門の買取業者に依頼する方法があります。

総合買取業者は、本、おもちゃ、服、ジュエリー、キャンプ用品などの不用品全般を買取する業者のことです。総合買取業者は楽器の知識が少ない場合もあり、まともに査定してもらえないケースが多々あります。

たとえば、数十万円もする高級な楽器であっても、安い価格で買取されることも珍しくありません。楽器を売るなら、必ず専門の鑑定士がいる専門店を利用してください。

楽器専門の買取業者では、楽器ごとに細かな査定リストが存在します。査定するスタッフはその査定リストをもとに、それぞれの商品を適切な値段をつけてくれます。

さらには、ピアノ専門の買取店、ギター専門の買取店、など特定の楽器に特化した買取店もあります。より専門知識や実績が豊富なので、安心して売却できます。

時間と手間

ネットオークションでは、自分で写真を数枚撮り、わかりやすい説明文を記入する必要があります。いくつかの角度から見栄えよく写真を撮り、サイズも測り、音色や使い心地など丁寧に楽器の特徴を紹介しなければ、見た人は買いたいと思えません。

また入札終了までも時間がかかりますし、質問があればその度に返信する必要があります。売れた後も、自分で資材を用意し、輸送中に壊れないよう慎重に梱包して発送しなければなりません。手間と時間がかかる作業です。

一方、楽器専門店の場合は楽器や付属品を持ち込むだけで、その場で査定してもらえます。金額に納得できれば楽器を渡し、現金を受け取って終了します。時間がない人にとっては、最も手っ取り早い方法といえます。もちろん査定金額に納得できなければ、楽器を持ち帰ることも可能です。

また、今は出張査定や宅配買取に応じてくれるお店もあります。楽器のサイズに合う梱包キットを無料で送ってくれるので、梱包して送ればいいのです。

また、査定フォームや電話でも査定してもらえます。楽器のシリアルナンバーを電話で伝えると最高買取金額を教えてくれるお店もあります。いくつかのお店で査定額を比較したい人にとっては、非常に便利なサービスです。

トラブルのリスク

先ほど説明した通り、ネットオークションではトラブルも多く発生しています。とくに楽器は実際に演奏してみないと音色や使い心地がわからないものです。特殊な商品ゆえに出品する際の説明に細かく楽器の特徴を書き込む必要があり、神経を使います。

その点、楽器買取業者なら、知識が豊富なスタッフが対応してくれるので安心して取引できます。大事にしてきた楽器だからこそ、きちんと査定してもらい気持ちよく売却したいものです。トラブルのリスクなども考えると、楽器の売却は楽器買取業者を利用することをおすすめします。

 

ネットオークションで楽器を売れば高値がつくのか、また、ネットオークションと楽器買取業者との違いについて解説しました。ネットオークションでは高値で売れる可能性もあるのですが、個人間のやり取りなのでトラブルも多々発生しています。やはり専門知識や実績が豊富な楽器買取業者にお願いするのが一番です。大切にしてきた楽器は楽器買取業者で正しく査定してもらい、スムーズに売却することをおすすめします。

サイト内検索
楽器買取ランキング一覧!
第2位 中古楽器堂
第4位 大黒屋
記事一覧