楽器買取専門業者を比較ランキング形式でご紹介!出張・宅配買取も口コミで評判【エレキギター・アルトサックスの査定にもおすすめ】

楽器買取の流れと準備するもの

昔使っていた楽器の置き場所で困っている人も多いかもしれません。思い出の品でもそのままにしておくのは勿体ないですし、買い取ってもらうのがおすすめです。楽器を売る時の流れや準備するものを調べておきましょう。

 

 

楽器買取の方法をチェック

楽器買取をしている業者はたくさんあります。きちんと価値を理解してくれる業者に任せることにより、安心して売却することができるでしょう。思い出の詰まった製品を他の人に使ってもらうこともできますし、お金も手に入れることができます。

楽器を売却したいという場合、業者に依頼する時の流れや必要となる準備について知っておくことが大切です。何も知らずに適当な業者に依頼すると後悔してしまうこともあるので注意しましょう。

不要なものを売却する時にはまず、具体的な方法を知っておくことがポイントです。基本的には出張・宅配・店頭買取という3つの方法があるため、それぞれの特徴を確認しておきましょう。

出張買取は業者が自宅に来てその場で査定してくれるという方法です。査定結果から金額を決め、納得できた場合はその場で買い取ってもらえます。宅配買取は自力で楽器を梱包し、店舗まで発送するという方法です。

製品が店舗に届いたら査定されて金額が決まります。その金額に納得できない場合は返送されます。店頭買取は店舗に売りたいものを持込み、その場で査定をしてもらうという方法です。

 

業者に依頼する際に準備するもの

買取の際には楽器以外にも必要なものがあります。いつか売却することを考えているなら、事前に準備しておくことが大切です。業者に査定してもらう時には印鑑と本人確認書類が必要になるため、運転免許証やパスポート、健康保険証、住民票の写しなどを用意しておきましょう。

また、未成年の場合は保護者の同意書が必要になります。業者の公式サイトをチェックすれば必要なものについて細かく記載されています。業者が他人から中古品を買い取る場合、売る人の住所や氏名、職業、年齢を確認しなければいけないと法律で定められています。

本人確認書類を忘れた場合や提示しなかった場合、買い取ってもらえなくなるので注意が必要です。ちなみに、宅配を利用する場合は住民票の写しなど、現住所の分かる書類が必要になることもあります。

店頭で買い取ってもらう時に価格が高額になった場合や宅配を利用する場合、振込先の銀行口座も必要となります。

また、売却する時には付属品が揃っているかどうかも重要です。ケースや説明書、保証書といった付属品の有無で査定額が大きく変わってくるのです。

 

買い取ってもらう時に必要なこと

楽器を買い取ってもらう場合、できるだけ高く買い取ってもらいたいものでしょう。まずは売りたいものの知識をきちんと身につけておくことが大切です。

そして、しっかりと製品の価値を理解してくれる業者を選ぶようにしましょう。高額で売るためには事前のメンテナンスも必要となります。まずは普段からきちんとメンテナンスを行い、製品を綺麗な状態に保っておくことがポイントです。査定に出す時にはしっかり清掃をしておくのがおすすめです。

しかし、薬品を使って清掃するのはあまり良くありません。特に木製の製品は品質が劣化してしまうこともあるため、乾いた布で拭き取る程度にしておきましょう。買取前にチューニングなどの準備をしておくのもおすすめです。そうすることで査定士への印象を良くすることができるでしょう。売りたいと感じた時にすぐ査定してもらうということも大切です。

楽器は基本的に時間が経つごとに価値が下がってしまうため、使わないものは早めに売ってしまうのがおすすめです。業者によってはお得な買取キャンペーンを行っていることもあるため、こまめに確認しておくことが重要です。

 

出張買取の流れについてチェック  

出張買取をしてもらう場合、一般的な流れを確認しておきましょう。まずは申し込みが必要となります。公式サイトの申し込みフォームやメール、電話などで申し込みをすることができます。出張をしているといっても、内容によっては断られることもあるので注意が必要です。

まずは自宅の住所や買い取って欲しいものについて伝えることになります。次に訪問してもらう日時を決めていきます。希望する日時をいくつか伝え、業者に都合の良い日を選んでもらいます。訪問の日時が決まったら、当日までに本人確認書類などを用意しておくのがおすすめです。

この方法では事前に決めた日時にスタッフが車で来てくれます。本人確認書類や楽器を渡すとその場で査定してもらえるため、金額に納得したら売却しましょう。金額が少ない場合はその場で払ってもらえますが、10万以上など高額な場合は後日振り込みになることもあります。

ちなみに、出張にかかる手数料は無料になっているところがほとんどですが、キャンセルする場合は手数料が発生することもあるので事前に調べておくことが大切です。

 

宅配買取の流れについてチェック

宅配買取をしてもらいたいという場合、その流れを知っておくことが大切です。まずは仮査定をしてもらうことからスタートします。メールや電話などで問い合わせることになりますが、メールの場合は査定を申し込みする時に会員登録をしておくと便利です。

査定の際に必要となるのは、楽器のメーカー名やモデル、傷の有無などとなっています。できるだけ詳細に伝えることにより、本査定との金額の違いが少なくなります。仮査定で聞いた金額に納得できたら、公式サイトの専用フォームや電話で申し込みをします。

宅配用の梱包キットが必要な場合も一緒に申し込みましょう。梱包キットは無料で発送してもらえるので安心です。梱包キットが届いたらきちんと壊れないように梱包してから発送します。

発送する際に必要となるのは売りたい製品と本人確認書類のコピー、申込書となっています。業者に製品が届き、査定が終わったら金額を伝えてくれます。

そして、その金額に納得したら商談成立となるため、お金を振り込んでもらえます。金額に納得できず、キャンセルする場合の返送料は無料のところと有料のところがあります。

 

店頭買取の流れについてチェック

店頭買取をして欲しいという場合、大まかな流れをチェックしておきましょう。こちらは最も一般的な方法ですが、業者を選ぶなら公式サイトで仮査定を行っているところがおすすめです。

そのような業者なら売るものを持って行かなくてもだいたいの金額を把握できますし、納得できる場合のみ実際に持ち込むといった方法が可能です。急いでいる時はいきなり持ち込んでも良いのですが、店舗によっては事前の連絡が必要になることもあるので注意が必要です。

また、金額に納得できなかった時に持ち帰る手間もかかります。まずは実際に店舗に製品を持っていきます。専門のカウンターやレジで買い取って欲しいことを伝えましょう。この時は本体だけでなく、ケースや付属品、取扱説明書、保証書なども一緒に持って行くことがポイントです。そうすることで大幅に査定額がアップします。

楽器を持ち込んだ場合は専門のスタッフがその場で査定をしてくれます。製品の状態やお店の混雑具合などによっても変わりますが、査定は10~20分で程度で完了することが多いです。金額に納得したらその場で支払ってもらえます。

 

楽器を売りたいという場合、具体的な流れや準備しておくものなどを確認しておくことが大切です。売りたい楽器や住んでいる地域によっても最適な方法は異なりますが、それぞれの方法の特徴を比較してみるのがおすすめです。