楽器買取専門業者を比較ランキング形式でご紹介!出張・宅配買取も口コミで評判【エレキギター・アルトサックスの査定にもおすすめ】

年代物の楽器は高く買取してくれる?

いらなくなった楽器は買取業者にて売却が可能です。買取価格は楽器により異なりますが、生産時期も価格に影響します。年代物と呼ばれる楽器はプレミア価格がつくというイメージを持つ方も多いと思いますが、実際のところどうなのでしょうか。ここでは、年代物の楽器は果たして高く買取してくれるのかについて、詳しく解説していきます。

楽器によって違う年代物の楽器の買取り価格

年代物と呼ばれるような古い楽器は、買取価格の幅が広いことが特徴です。ものによっては、非常に高額で売却できることもあれば、反対に非常に低い金額になってしまうこともあります。売却価格が低くなる古いものの特徴は、ただ古いというだけで、ほかに何の特徴もないことです。古い時代に作られたものは、内部の部品なども劣化している場合が多いので、正常な音が出ない場合もあります。

そのために、古いものを売りたい人は、まず正常な音が出るかどうかを自分で確かめてみて、内部の部品が劣化していないかどうか確かめてみるのが最適です。音が外れている部分があったり、音が出ない部分がある場合には、内部の部品に何らかの故障が発生している可能性が多いので、高い値段で売却できる望みはどうしても薄くなります。

できるだけ高い金額で売却したいのなら、自分でできる簡単なメンテナンスで修復する方法もあり、結果的に音が正常に出るようになれば、売却のときにより高く評価してもらえることもあるかもしれません。またほかにも、古い時代に作られたもので、あまり高い値段がつけられない楽器としては、一般のメーカーが大量に作成していたものも挙げられます。大量生産された、広く普及しているようなタイプのピアノなどは中古市場では価値が高くないものの代表です。

こうしたタイプのものは、売却する人も多いわりに購入する人が少ないために、中古市場でも余っていることが多いです。古い時代に作られた一般メーカーものであっても、保存の状態が良ければ、より高い価格で買い取ってもらえることもありますが、これは演奏するための道具であるために、時代が古くても、正常に音が出せるものならば、普通に使用することができるからです。

ここが、ほかの種類の商品との大きな違いになっていて、時代の影響を受けにくい部分であるために、新しいものであっても正常に演奏できないものよりは、評価が高くなっています。

高額で買い取ってもらえる年代物の楽器

年代物の楽器でも、種類によっては高額で買い取ってもらえる場合があります。買取り価格に大きな影響を与えるのが製造メーカーで、有名なメーカーが製作したものならば、場合によっては非常に高額で取引されることがあります。高い価値を持っているものとして評価されているのは世界的に有名なメーカーのものが多く、日本だけでなく世界中の演奏家に使用されているようなメーカーのものは、特に高額で取引されています。

中でもピアノやバイオリンなどは製作したメーカーによって買い取られるときの価格が大きく変わりやすい商品で、世界的な超一流メーカーが製作したものであれば、非常に高額で取引されることが多いです。このようなタイプのものは、新品で購入するときにかなり高額になることが多いですが、年代物と呼ばれるくらいの古いものの中には、新品よりも高い価格で取引されているものがあります。

新品よりも中古のピアノやバイオリンの価格が高くなるというのは、それがもう生産されていないということが大きな理由になっていて、なおかつ世界的な超一流メーカーが製造したという観点から、非常に高い価値を持っています。このような一流メーカーのピアノやバイオリンは、購入を希望する人も多く、日本だけでなく世界中に愛好者がいるため、中古市場での価格もさらにあがっています。

こうした理由から、買い取られるときの価格もその分大きく上昇しているのです。古いものになればなるほど、部品なども故障せずに残っているものは少なくなるので、もし状態が良いものであれば、大変貴重なものになるため高額買取に期待が持てるでしょう。

中には100万円以上の高額で取引されているようなものもあり、時代の古さと保存状態の良さが売却価格を決めるポイントになっています。バイオリンなどは、特定の職人が製作したものに非常に高い価値がつけられているといったケースもあり、世界的にも特に珍しいものの場合には、1000万円以上の高額で取引されているものまで存在します。

高く評価されている年代物の楽器

ピアノやバイオリン以外の楽器も、世界的に有名なメーカーが製作したものならば、年代物でも高額で買い取ってもらえることが多いです。たとえばギターなども、中古として持ち込まれることが多いですが、使っている人が多い分、中古市場に持ち込まれるものも種類に幅があります。新品でも数万円で購入できるようなギターの場合には、そもそも中古で売却しようとしたとき高額で売却できることは少なく、作られた時代が古いものは、さらに価格が下がる傾向にあります。

しかし、ギターにも世界的に有名なメーカーがあり、こうしたメーカーが製作したエレキギターやフォークギターならば、高額で買い取られることがあります。特に、世界的に有名なロックミュージシャンが愛用しているものと同じギターなどは、中古市場でも価値が高く、欲しがっている人の数も非常に多いために、買取り価格も大幅に上昇しています。

有名なミュージシャンの中には、一流メーカーのすでに生産されなくなったギターを好んで使用している人もいて、そうしたギターは現在では入手が困難なために、中古市場での価格も大幅に高騰しています。そのために、年代物であっても、こうした価値の高いものに該当する場合には、高額の買取り価格を期待することができますが、このようなタイプのものは、ギターだけに限らず、さまざまな楽器に存在します。

トランペットやクラリネットなどの管楽器や、チェロなどの弦楽器も、有名な一流メーカーの製品の人気が高いために、高額の値段で取引されています。こうした種類のものは、古ければ古いほど良いとも限らず、特定の年代に作られた特定のモデルが非常に高い価値を持っている場合がほとんどで、中古市場に出回ったときには非常に高額で取引がされています。高い価値を持っているものであっても、保存の状態によって価格が変わることがあり、保存状態が良く音が正確に出せるものが、特に高い価格で取引されやすくなっています。

 

年代物と呼ばれるような古い楽器の買取り価格は、売却したい商品の種類によって、大きな幅があります。一般のメーカーが製作したものの場合には、古いというだけで特別な価値を持っていないことが多いために、中古市場でも古いだけのものとして評価されることが多いです。

一般メーカーのものでも、保存状態が良くて正常に演奏できるものならば、古くても良いものとして評価してもらえるケースもあります。ピアノやバイオリンなどの場合には、どこのメーカーが製作したかによって買取り価格が非常に大きく違っていて、世界的な一流メーカーが製作したものの中には、年代物でも非常に高額で取引されているものがあります。その中には、新品で購入するよりも高額の値段で取引されているものもあり、現在では入手が困難になっていることから、非常に高い価値がつけられています。

サイト内検索
楽器買取ランキング一覧!
第2位 中古楽器堂
第4位 大黒屋
記事一覧