楽器買取専門業者を比較ランキング形式でご紹介!出張・宅配買取も口コミで評判【エレキギター・アルトサックスの査定にもおすすめ】

楽器を持ち込みで買取してもらうメリットと注意点

業者

自宅で眠っている楽器を処分したい、現在使用している楽器を買い替えたいと考えている人は、どのようなサービスを利用すれば良いのか悩んでいるでしょう。そのような人におすすめなのが、楽器を持ち込みで買い取ってもらうことです。すぐに現金化できて、疑問点をすぐに解消できます。

楽器を持ち込みで買取してもらうメリット

すぐに現金化したい人や、分からないことをその場で解消したい人におすすめのサービスです。

一般的には持ち込む方法が選ばれている

現在使用している楽器を新しいものに交換したいときや、自宅に眠っている楽器を処分したいと考えているときに、真っ先に思い浮かぶのが持ち込みの売却方法でしょう。総合リサイクルショップでは、どのような商品の売却にも対応しています。

総合リサイクルショップのサービスを利用するときは、どのような楽器の買取サービスを得意としているのか事前にホームページなどで確認しましょう。

たとえば、エレキギター、サックス、バイオリンのように、得意な商品が掲載されているので、過去の実績とともに詳細を確認してください。自分が売却したい商品とマッチしていれば、サービスの利用を検討しましょう。

すぐに現金化できる

商品を店頭に持ち込んだ直後に査定が行われます。査定結果に納得できれば署名して現金を受け取れます。この際、身分証明書の提示が求められるので忘れずに携行しましょう。

身分証明書の持参を忘れてしまうと、査定サービスのみの利用となってしまい、商品を持ち帰らなければいけません。そして、未成年者は保護者の同意が求められるので注意してください。

このような決まりを守ってサービスを利用すると、すぐに現金を受け取れます。予約ができない場合がほとんどなので、店舗の混雑状況により査定に時間がかかる場合があります。時間の余裕があるときにサービスを利用しましょう。

疑問点があればその場で解消できる

目の前にスタッフがいるので、疑問点があればその場で解消できるのもメリットです。たとえば、査定額に納得できなかったときに、どのような点がマイナスポイントになったのか確認できます。

次回もサービスを利用しようと考えている人は、マイナスポイントを知っておくと今後に活かせるでしょう。

店内の商品を見られる

査定に時間がかかる場合は、店内の商品を見られるメリットがあります。どのような商品が販売されているのか目を通したい人におすすめです。購入したい商品があれば購入できます。

出張買取や宅配買取との違い

サービスの違いを見ていきましょう。自分に合っている方法を選択してください。

出張サービスの場合

スタッフが自宅などの指定された場所まで出向いて査定する方法です。サービス利用者は、自宅などにいながらサービスを利用できるので、商品を持ち運ぶ手間や時間がかかりません。

スタッフが目の前にいるので、疑問点があればその場で解消できることと、すぐに現金化できるのは、持ち込む方法を選択した場合と同じです。異なる点は、店内の商品を見られないことと、サービスに対応していない業者があることです。

すべての業者が出張サービスに対応していないので、利用したいと考えていても対応してもらえない場合があります。

宅配サービスの場合

自分で商品を段ボールなどに梱包して発送します。商品がスタッフのもとに届いた後に査定が行われます。こちらのメリットは、自分の好きなタイミングで商品の梱包や発送ができることです。

ただし、査定までに時間がかかるので、持ち込む方法とは異なり、すぐに現金化できません。また、疑問点があってもその場にスタッフがいないので、電話またはメールなどで問い合わせることになります。

すぐに現金化したい人には適していないサービスですが、スタッフと顔を合わさずにサービスを利用したい人には適しています。

高価買取のためにできることは?

自分でも取り組めることがたくさんあります。人気メーカーやモデルであれば、シーズンを問わず高値で取引されています。トレンドものは資産価値が低下する前に売却しましょう。

売れ筋のメーカーやモデルを確認される

ギブソン、ヤマハ、フェンダーなどの有名なメーカーであれば、すぐに購入希望者が現れるので高額買取の対象になります。人気メーカーやモデルは、使用感が残っていても購入を希望する人が多いので、保有している人は査定サービスを利用しましょう。

楽器の傷や汚れを確認される

中古品なので、多少の傷や汚れは仕方ない印象を持たれますが、明らかに大きな傷やひどい汚れが付着しているときは、取引してもらえない可能性があります。

取引してもらえたとしても、査定額がダウンする可能性があるので、普段からできる限り丁寧に取り扱いましょう。状態が良くない楽器を持ち運ぶと、楽器に詳しくない人だと思われてしまいます。

楽器の製造年を確認される

古い年代の商品だからという理由で、査定サービスの利用をためらう必要はありません。そのような場合でも本当に価値があれば高く評価してもらえます。ただし、トレンドものは早い時期に売却しましょう。

人気に陰りが見えた頃に売却しても、査定額がアップしない可能性があります。また、ほかの人も同じようなことを考えてトレンドものを売却するので、タイミングにもよりますが取引してもらえないときもあります。

付属品の有無

ケース、説明書、鑑定書などは忘れずに持ち込みましょう。楽器本体でも価値はありますが、店側が商品を販売するときにケースが付いていない商品よりも、ケースが付いている商品を顧客は買い求めるでしょう。

そのようなことにも思いを巡らせることで、気持ちよくサービスを利用できるようになります。

楽器を綺麗な状態にする

日頃のメンテナンスを欠かさずに行っていれば問題ありませんが、査定サービスを利用する直前にメンテナンスするだけでも一定の効果はあります。表面の汚れをハンカチなどの薄い布で拭き取るだけでも、見た目の印象は良くなります。

ただし、楽器を磨き上げようとして、使用が推奨されていない薬品を使用することや、ブラシや刃の鋭いもので研ぐような行為は慎みましょう。商品に傷が付いてしまうので、最悪の場合は取引が成立しなくなります。説明書に記載されている要領でメンテナンスしてください。

トレンドものは早めに売却する

楽器の資産価値は、流行の影響を受けにくいといわれていますが、トレンドものは早めに売却するように心がけましょう。売却するときの楽器の状態も大切ですがタイミングも重要です。

キャンペーン期間中に売却する

店舗にもよりますが、キャンペーン期間を設けている場合があります。たとえば、楽器の買取を強化している期間に商品を持ち込むと、査定額がアップする可能性があります。そのような期間を活用すると良いでしょう。

ただし、ほかの人も同じようなことを考えているので、店内の倉庫に商品が溢れる可能性があります。そのような状態になると取引してもらえなくなる恐れがあるので、早めに商品を持ち込みましょう。

いくら新品に近い状態の楽器を持ち込んだとしても、店内の在庫が溢れてしまうと、店側もこれ以上の数を求めていないので取引してもらえません。

まとめ

売却するタイミングを誤らないようにしましょう。一般的に資産価値が低下しにくいといわれていますが、保存状態が良くなければ査定額はダウンします。温度管理や湿度管理が難しい環境で保管している人は、楽器の状態が悪くなる前に売却するのがおすすめです。疑問点があればすぐにスタッフに質問できる持ち込みの方法は、多くの人に利用されています。気軽にサービスを利用しましょう。

サイト内検索
楽器買取ランキング一覧!
第2位 中古楽器堂
第4位 大黒屋