楽器買取専門業者を比較ランキング形式でご紹介!出張・宅配買取も口コミで評判【エレキギター・アルトサックスの査定にもおすすめ】

楽器買取を依頼するときによくある疑問

楽器買取を依頼するといった際にはいろいろと疑問に感じることも多いものです。たとえば、どのような内容が買い取りでは重視されるのでしょうか。買い取りだけでなく製品の引取もしてもらえるのでしょうか。こうした疑問は売る前には解消しておかないといけません。この記事ではそんな疑問についてじっくりと解説していきます。

買い取り時に重視される内容について

買い取りを依頼する際に一番気になるのが買い取り時に重視される点でしょう。これは買取価格にも直接的に影響してきますからじっくりと理解しておかないといけません。

たとえば、やはり重視されるのが経年劣化です。経年劣化によって音質に問題が生じるような場合には楽器として使えないことから、買い取り自体ができないことも。楽器としての性能が落ちている場合には、買い取り額も一気に落ちてくるので気をつけないといけません。

次に審美性も大事です。汚れていたり、キズがあるといったような製品だと買い取りしにくくなってきます。見た目が悪いために価格が落ちることがありますから、できるだけ清掃してから査定に持っていくことをおすすめします。

さらに、ブランド等も重要です。名の知れたブランドの製品であればやはり買取価格も高くなっています。とくにヤマハ等は高く売れやすいところ。ヨーロッパ系の音楽機器ブランドの製品も注目されています。最後に、付属品等もしっかりと見られますから気をつけないといけません。

買い取り価格について知っておく

買い取りしてもらう際に多くの人が気にするのが買い取り価格についてです。これはケースバイケースですが、新品同様の製品であれば購入価格とさほど変わらない価格で買い取ってもらえることが多いです。逆に購入してからさほど経っていなくても音程などに問題がある製品は、一気に価格も落ちてくるものです。また、価格がつかないこともしばしば。

楽器として使えないくらいに音程が狂っている場合には、そもそも買い取りしてもらえないことも。この場合には引取してもらうほかありませんが、引取には費用がかかることもあります。かといって機器によっては粗大ごみとして出せない物もありますから、やはり音楽機器店や中古買取店に費用がかかっても引取してもらうことが大事です。

こうした買い取り価格に影響するのがレア度です。もしも製品のレア度が高ければ状態が悪くても高額で売れることもあります。レア度を知らずに売りに出すと損をすることもあるので、売りに出す前にどのくらい希少価値があるのかについては調べておくことをおすすめします。

売った楽器はどうなるのかについて

売却した楽器がどうなるかはケースバイケースですが、中古買取店でそのまま販売されるというのが通常です。よい楽器であれば、中古であってもよい値段が付くこともあります。また、ネットの店舗で売ったり、他の店舗に売るということもあります。

ほかに、壊れている製品であれば修理して販売が行われます。弦が切れているという程度であればすぐに直せますが、本体にヒビが入っているといったように修理に時間がかかるような製品もあります。ほかに、部品取りなどに用いられることも。これは古い楽器が買い取りされた際などによく行われます。部品取り以外に、かなりレトロな製品は観賞用作品として作り直されるといったこともあります。

このように実に活用方法はいろいろですが、買い取ってもらった製品は有効活用してもらえますから心配いりません。業者さんによっては聞けば買い取られた製品がどうなるのか教えてもらえることもあるくらいです。

買い取りしてもらえる店舗は実に多い

そもそもどこで買い取りしてもらえるのかわからないといったこともあるでしょう。実は買い取りしてもらえる店舗はかなり多いもので、通常の実店舗がある音楽機器中古買取店だけでなく、ネットの店舗や宅配買い取りをしてくれる店舗も利用可能です。

このように選択肢は多いですから、自分に合った方法を選んで売ってみてください。たとえば、気軽に売りたいならばネットで宅配買い取りしてもらえるお店がオススメです。

一番してはいけないのが通常の中古買い取り店で売る事。こうした店舗でももちろん売れますが、音楽機器に特化していないこともあって、高く売れないことがしばしばです。場合によっては非専門店で売ると大損するということも。だからこそこれから売る際には必ず音楽機器専門の中古買い取りショップを利用してください。

近くにこうしたショップがないといったこともありますが、そんな場合にはネットのお店を利用することももちろんできます。少しでも愛用の音楽機器を高く売るためにもやはり適した店舗で売ることが求められてくるのです。

どんなものでも買い取ってもらえるのか

音楽機器といっても実にいろいろとあります。ギター等であれば多くの業者さんで受け入れていますが、フルートなどのクラシックな楽器や、ドラムなどの大型の製品ともなると受け入れていない業者さんもあります。

だからこそ業者さんに持っていく前に一度問い合わせして、「買い取り対応していますか」と聞いておきましょう。せっかく持っていったのに対応していないようでは二度手間になりかねません。

また、大型の製品は対応していない業者さんが多いですが、こうした楽器はネットのお店を利用することをおすすめします。ネットのお店であればドラムに特化したようなお店も簡単に見つかりますから、中々売れにくい製品であっても問題ありません。買い取ってもらえなくても、最低引き取りはしてくれますから安心してください。

ネットのお店であれば宅配で売れますし、出張査定をしているといったところもあるので便利でしょう。重くて動かせないような製品がある場合には、やはり業者さんに連絡して出張査定等ができないか聞いておくことがオススメです。

高値で買い取ってもらうコツについて

「どうすればもっと高く売却できるのか」といった疑問もよく寄せられるところです。高く売却するためにはいくつか工夫しておきたいところですが、何よりもいろいろな業者さんに査定してもらうことがオススメです。

これによってより高い業者さんも見つかりますし、「他の業者さんはこれだけ高く買い取ってくれる」というように価格交渉もしやすくなってきます。業者さんが違えば数万円買い取り価格が異なることもザラですから、まずはいろいろな業者さんに見てもらいましょう。

他にも、専門店を利用することも大事です。フルートを売るならばやはり笛楽器が専門のお店に、管楽器を売るならば管楽器に強いお店を選んでおくことをおすすめします。これだけでもより高く買取できるようになってきます。

製品の管理に気をつけることも欠かせません。管理具合が良ければそれだけ高く売れるようになります。そのため、使用したら清掃する、定期的にメンテナンスするというように、常日頃から手入れを欠かさないようにしましょう。こうすることでよりよい音も出るようになるので一石二鳥です。

 

買い取りしてもらう際には疑問もいろいろと生じるものですが、とくに高く売るための工夫は欠かさないようにしておいてください。また、なにかわからないことがある場合には積極的に問い合わせしてみましょう。

お店によって買い取り状況が異なるといったこともありますから、不安な場合には聞くのが一番です。上手く売れば高値で売れることもありますから、いろいろと工夫してみましょう。

サイト内検索
楽器買取ランキング一覧!
第2位 中古楽器堂
第4位 大黒屋
記事一覧