楽器買取専門業者を比較ランキング形式でご紹介!出張・宅配買取も口コミで評判【エレキギター・アルトサックスの査定にもおすすめ】

もう使わなくなったサックス!買取相場や高く売るコツとは?


昔は吹いていたけれど、今はケースにしまわれたままのサックス。自分ではもう使わなくても、買取業者を通してほかの人の手に渡り、また演奏してもらえたら嬉しいですよね。ここでは、これまで大切にしてきたサックスを売る際の、買取相場や高く売るコツについて紹介します。これからサックスを売ろうという方はぜひ参考にしてくださいね。

サックスは実際いくらで買取されているのか

まず、現在中古のサックスがどのぐらいの価格で買取されているのか見ていきましょう。買取価格は当然のことながら、そのメーカーや状態によって変わります。サックスを製造しているメーカーは多くありますが、ここでは人気3メーカーを例にとり、その特徴と買取相場を見ていきましょう。

■YAMAHA(ヤマハ)

サックスヤマハは誰もが知る日本の総合楽器メーカー。ビギナーからプロまで満足できるさまざまなモデルを発売しており、その新品価格帯は15~100万円程度です。業者による買取価格の相場は、モデルや状態にもよりますが、3~10万円ほどのようです。

■SELMER(セルマー)サックス

サックスの元祖メーカーであるアドルフ・サックス社を買収した、サックスの継承者ともいえるメーカー。サックスの最高峰とも呼ばれます。新品価格は40~100万円以上。買取相場は、定番モデルで10~20万円前後といわれていますが、新品価格が高額のため、モデルや状態によっては、50万円以上になることもあります。

■YANAGISAWA(ヤナギサワ)サックス

日本唯一のサックスの専門メーカー。ハンドメイドにこだわり、海外のプレーヤーにも人気です。新品価格は30~180万円ほど。買取相場は、7~30万円ほどと幅広いようです。

以上、人気3メーカーの買取相場でした。そのほか、ビュッフェ・クランポンのサックス(フランス)、ユリウス・カイルベルトのサックス(ドイツ)はともに買取相場が~15万円ほどとなっています。買取価格にはだいぶ幅があるようですね。では、同じモデルの場合、買取価格を上げるコツはあるのでしょうか。

サックスの買取価格を上げるコツとは

せっかく買取してもらうなら、できるだけ高く買い取ってもらいたいものですね。次は買取価格を上げるコツを4つご紹介しましょう。

■購入時の付属品はすべてそろえておく

購入時の付属品はすべてそろえておきます。マウスピースやネック、保証書やケースなど、購入したときに付属していたものが揃っているほど、高評価です。付属品が別の場所で保管されている場合は、探し出して一緒に持っていきましょう。

■ホコリはふき取り、本体は磨いておく

ホコリはふき取り、本体は磨いておく、またホコリのたまりがちなジョイント部などもしっかりチェック。見栄えが良ければよいほど、プラス査定になる可能性が高くなります。細かいところまで気を抜かずに、丁寧にお手入れをしましょう。

■本体とトーンホールは水分のない状態にしておく

本体とトーンホールは水分のない状態にしておきます。内部に水分が残っている状態で査定に出すのは絶対にNG。大切に管理されていない印象を与えてしまいます。しっかりと取り除きましょう。

■実際に演奏したときにキーがなめらかに動くように油をさしておく

実際に演奏したときにキーがなめらかに動くよう、油をさしておきます。楽器は演奏時の状態が最も重要。これからを聴く人を楽しませるプレイができることを、買取業者にアピールしましょう。以上のように、見た目も機能もベストの状態で査定してもらうことで、買取価格は上がります。少しの手間を惜しまないことが大切ですね。また、サックスは湿気・乾燥ともに苦手とするデリケートな楽器です。使わなくなった場合は、なるべく早めに査定してもらいましょう。

ヴィンテージ価値がつくかもしれないサックス

ご自宅に眠っているサックスを「古いぼろぼろのサックス」と思っていませんか?しかし、それは100万円以上の価格がつくヴィンテージサックスかもしれません。ヴィンテージサックスは、サックスの歴史において、その当時の卓越した技術や、職人の技が作り出した楽器です。現代の楽器では出せない魅力的なサウンドを持っていて、愛好者の方にとっては垂涎の的なのです。

現在、ヴィンテージとして取引の多いメーカーはいくつかありますが、さきに取り上げたセルマーもそのひとつです。とくにいわゆる「アメセル」はヴィンテージサックスの代名詞といってもいいでしょう。もともとはフランス製のセルマーですが、ジャズの本場アメリカにパーツを持ち込み、そのあとの製造は、すべてアメリカでなされたものが「アメリカンセルマー」であり、いわゆる「アメセル」です。その代表的なモデルが「バランスアクション」「スーパーバランスアクション」「マーク6」「マーク7」になります。

また、YAMAHAサックスにもヴィンテージ価値がつくものがあり、とくに人気が高いのが、1978~1994年に販売されたYAS-62初代のものです。ヴィンテージとみなされるサックスは、ほかにもあります。家にあるサックスはもしかして…一度査定してもらいたい!と思われた方も、いらっしゃるのではないでしょうか。では、そもそもサックスの査定・買取はどこに依頼したらよいのでしょう。

サックスはどこで買い取ってもらえる?

サックスを売ると決めたら、次は買取店探しです。その際、何でも買い取ってくれるようなリサイクル業者は、避けた方がよいでしょう。正確な査定をしてもらえず、相場より安い値段を付けられる可能性が高いからです。サックスを高く売るためには、専門の買取業者に依頼することが必須です。

以下にいくつかおすすめ業者をご紹介しますので、参考にしてください。

■サックス高く売れるドットコム

専門知識を持ったバイヤーが査定。買取したサックスを、WEB販売で全国の消費者に販売しています。そのためにコストカットが可能となり、高価査定を実現しているようです。東証一部上場企業の運営。店頭、出張、宅配(全国対応)の3つの買取方法を選べます。

2.楽器の買取屋さん
買取金額に納得できなかった場合、査定・送料・手数料が完全無料。実店舗がなく経費を抑えられており、その分買取金額に還元していることのこと。最短30分で訪問してもらえる地域が多数あります(遠方でも宅配買取可)。買取金額に納得できれば、その場で現金化してくれるのも嬉しいですね。

3.サックス買取ラボ
ふくおかサックス専門のスタッフがプレーヤー目線で査定。メーカー・型番や保管状態などに加え、「どんな音を出すのか」という「音ヌケ」も査定するという、独自の加点方式をとっています。通常の買取額上限より、20%UPも可能というから驚きですね。店頭と宅配で査定を行っています。

4.SaxFun宅配査定
サックス本体のほかに、マウスピースやサックスネック等の付属品の買取もしています。まずは、相談してみるとよいでしょう。

 

ここまで、もう使わなくなったサックスの買取相場や高く売るコツ、どこで買取してもらうのがよいかなど、詳しくみてきました。これまで大切にしてきたサックス。高く売るためには、事前の準備や業者の下調べが大切です。そのあとは、手放したサックスが新たな持ち主に出会い、再び現役として活躍してくれることを願いましょう。

サイト内検索
楽器買取ランキング一覧!
第2位 中古楽器堂
第4位 大黒屋
記事一覧