楽器買取専門業者を比較ランキング形式でご紹介!出張・宅配買取も口コミで評判【エレキギター・アルトサックスの査定にもおすすめ】

ヴァイオリンの買取相場はどれくらい?高値で売却するコツについても解説!


自宅にあるヴァイオリンを手放したいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。ヴァイオリンを売却する方法と、高値で売却するコツを紹介します。ヴァイオリンは習い事で演奏する人も多く、人気商品であれば需要があります。ちょっとしたコツで価格に差が生まれるので、その内容を見ていきましょう。

ヴァイオリンの買取価格の目安

価格は目安なので、ヴァイオリンの状態や年式などにより差が生じます。一般的に市場に広く流通しているものは、希少価値が少ないため安く買取されています。

サイレントヴァイオリン

1960年代にYAMAHAが販売を開始しました。音がとても小さいため、早朝や夜間に演奏したい人や、防音室や演奏できる屋外スペースなどが近くになくて、自宅で演奏したい人に選ばれています。初心者から人気がある商品です。価格の目安は5,000円~6,000円です。

ブラビオール

YAMAHAの商品です。初心者や子どもが使用しています。扱いやすいのがコンセプトなので、無理なく演奏ができます。子どもの体が成長すると楽器も再購入する必要があるので、業者は積極的に買取してくれます。需要がある商品なので、価格の目安は6,500円~4万7,000円程度です。

スズキヴァイオリン

入門者からワンランク上の演奏を目指す人まで使用されています。入門者モデル、初心者モデル、ワンランク上のモデルが用意されています。自分の成長レベルに応じてモデルを選べるので、市場のなかでも人気商品です。価格の目安は1万円~6万円程度です。

ピグマリウス

日本のブランドになります。そのなかでもスタンダードは、深みがある音色が魅力的で、初心者でも扱いやすいため人気商品となっています。価格の目安は、4万5,000円~14万5,000円程度です。

ステンター

メーカーはイギリスで、製造は中国です。高額なヴァイオリンを購入するのをためらう人や何度もヴァイオリンを買い替える人から支持を得ています。市場に広く流通している商品なので価格の目安は、0円~3万7,000円程度です。

ヴァイオリンの売却方法

5つの方法を紹介します。

店舗に持ち込む方法

楽器を専門に扱っている店舗に持ち込むようにしましょう。総合リサイクルショップでは楽器に詳しい人が査定するわけではありません。また、総合リサイクルショップで中古の楽器を購入する人はほとんどいないため、店舗としても中古ヴァイオリンの需要がなく、高値で買取してくれない可能性が高いです。

店舗で商品を買取してもらうメリットは、不用品を処分できることと、すぐに現金化できることです。たとえ0円の価値がついたヴァイオリンでも、店舗で処分してくれる可能性があります。自分で処分費用を支払って処分する必要がありません。そして、店舗で査定後に現金が支払われるので、今すぐに現金が必要な人におすすめです。

宅配買取を依頼する方法

インターネットで宅配買取を依頼します。その後、ダンボールにヴァイオリンを梱包して本査定を受けるために配送します。買取価格に納得できれば金額が振り込まれます。こちらのメリットは、自宅ですべて完結することです。ダンボールは無料で宅配業者が自宅まで届けてくれます。ダンボールに梱包したヴァイオリンを配送するときも、宅配業者が自宅まで集荷にきてくれます。送料は無料です。できるだけ手間を省きたい人におすすめです。

注意点として、自分で商品を持ち込むわけではないので、商品に傷が付かないようにダンボールの中に緩衝材や新聞紙を入れて保護する必要があります。万が一、ヴァイオリンに傷が付いたり壊れてしまった場合、査定額が下がってしまう可能性があります。

出張買取を依頼する方法

業者に自宅まで来てもらい査定を受ける方法です。査定額に納得できればその場で現金が受け取れます。こちらのメリットは、自宅にいるだけで現金化できることです。業者の出張費用は無料のところがほとんどなので、自己負担なしでサービスを利用できます。

デメリットとして、宅配買取と比較すると査定額が下がってしまう可能性があります。これは業者が出張するときに発生する人件費などがあるためです。大きく価格に差が生じるわけではありませんが、少しでも高値で買取してほしい場合は宅配買取がおすすめです。

オークションで販売する方法

商品の最低価格とオークションの終了日時を記載してインターネット上で出品します。市場にあまり流通していないヴァイオリンの場合、高値で取引される可能性があります。オークションで販売するときは、楽器に明るい人が利用している場合があるので、落札価格が楽しみになるでしょう。

フリマアプリで販売する方法

自分で価格を決定してインターネット上で商品を販売する方法です。こちらの魅力は、価格を自分で決定できることです。メリットは、隙間時間に自宅で作業ができることですが、すぐに現金化したい人やヴァイオリンを急いで手放したい人には不向きです。

また、フリマアプリで販売しても、すぐに商品が売れるとは限りません。商品の購入を希望する人とメッセージをやり取りして交渉に応じるのもすべて自分です。商品を配送するのも自分で行います。そして、フリマアプリは安い商品をより安く購入したい人が利用しています。そのため、楽器類のなかではヘッドフォンやイヤホンは人気ですが、ヴァイオリンは売れ残ってしまう可能性があります。

ヴァイオリンを高値で売却するコツ

ヴァイオリンを購入したときに揃っていたものはすべて一緒に買い取ってもらいましょう。買取前の手入れも大切です。

付属品や部品はすべて揃えて売却する

ヴァイオリン本体だけではなく、ケース、説明書、付属品も用意しておきましょう。店舗に持ち込むときは付属品や部品などを忘れないようにします。業者は商品を取引するときに、できるだけ多くの商品を一度で買取したいと思っています。小出しに店舗に持ち込むよりも一度で持ち込みましょう。また、ネットオークションやフリマアプリはインターネット上で売買します。写真を掲載するときにヴァイオリン本体だけではなく、そのほかの商品も必ず掲載するようにしましょう。

外観を綺麗に保つ

楽器の汚れは致命傷です。高値で買取を希望している人は、皮脂や指紋などの汚れは取り除いておきましょう。手入れに使用する道具も専用のクロスにします。間違えた手入れ方法でヴァイオリンが傷まないように気を付けます。ヴァイオリンを演奏していた頃は丁寧に手入れしていた人も、買取前に外観を綺麗に保っておくだけで査定額アップが見込めます。

ヴァイオリンを業者に買い取ってもらう際の注意点

こちらでは、高額なヴァイオリンの買取を依頼するときの注意点を紹介します。

鑑定書は忘れずに揃えてから売却する

高額なヴァイオリンの買取を依頼するときは、鑑定書を忘れずに揃えましょう。そうすることで正当な評価を受けられます。遺品や相続で自分のもとにある場合もあるでしょうから、何を揃えたらよいのか分からない場合は事前に業者に相談してください。

複数の業者に査定を依頼しないほうがよい場合もある

高額なヴァイオリンは希少価値が高いです。市場に高額なヴァイオリンの買取情報が漏れてしまうと希少価値が低下してしまう可能性があります。広く普及しているヴァイオリンを2社または3社程度に見積もってもらうことは問題ありませんが、高額なヴァイオリンは信頼できる業者に依頼しましょう。

まとめ

できるだけ高値で売却するコツを一言で表現すると、ヴァイオリンを購入したときの状態に戻すことです。そのために必要な準備を怠らずに実践しましょう。売却する方法は色々とありますが、メリットとデメリットを総合的に判断して、自分に合った方法を選択してください。業者に依頼するときは、インターネットなどで検索してクチコミや評価を確認することも忘れずに行いましょう。

サイト内検索
楽器買取ランキング一覧!
第2位 中古楽器堂
第4位 大黒屋
記事一覧