楽器買取専門業者を比較ランキング形式でご紹介!出張・宅配買取も口コミで評判【エレキギター・アルトサックスの査定にもおすすめ】

買取対応している楽器の種類

もう使わなくなった楽器が家にあるなどの事情で、買取を考えることがあるかも知れません。楽器買取の専門店なら様々な楽器を買取対象としているので、どんな楽器でも買い取ってもらえる可能性があります。

お店を選ぶ際は、買取条件や方法、またはその種類によって選ぶと良いです。

 

 

なるべく大手で知名度のある専門店を選ぶ方が良い

楽器買取の専門店ならどんな種類の楽器でも対応してくれる、というワケではありません。インターネットで少しサイトを検索してみるとわかるかも知れませんが、専門度が高くなるにつれて対象の楽器も限られてきます。もちろん幅広い種類を対象としている総合店もあります。

総合店であれば対象一覧をチェックして、売りたいと思っている楽器が対象になっているかどうかを必ず確認しましょう。 ただし、金額についてはどこも同じ価格で買取してくれるわけではありません。

中には、リサイクルショップのような専門外の業者もあります。よく調べずにそういう所へ依頼すると損することになりかねません。売る理由は人それぞれですが、せっかくそれまで大事にしてきた物を売るなら、それなりの価値に見合った値段で売りたいはずです。

また、インターネットのみで展開している業者もあれば店頭のみで対応するタイプの業者もあり、数自体も非常にたくさんあります。面倒に感じるかもしれませんが、時間をかけて比較をすることでそれぞれの違いを明確にして、ベストな業者を見つけるようにしましょう。

可能であれば詳しい人に相談することが一番です。やはり実際に演奏している人なら知名度や業者の規模についても詳しい傾向があります。インターネットの検索でも、大手の業者は検索上位に出ることが多いので、このような方法で業者を選ぶのがおすすめです。

 

初めての場合は口コミで評判をチェックしよう

インターネットでちょっと検索するだけで、口コミがたくさん出てきます。以前にも買取サービスを利用したことのある方なら、多少は業者や方法について知っているかも知れませんが、初めての場合は何もわからないはずです。

そこで、まずは自分で情報を調べることから初めて、失敗しない業者選びができるようになる必要があります。 スマホでも口コミや評判は簡単に探せますので、とりあえずはそれらをチェックすることから始めてみましょう。

良い業者はおのずと口コミでの評価も高く、数もたくさん見つかるし、悪い評価は少ないものです。全体的に見て良さそうだと感じたところであれば、まずは安く買いたたかれるということはないでしょう。

また、いくつかの情報をまとめてくれている便利なサイトもあります。それぞれの業者が扱っている楽器の種類の一覧や、実際の流れ、利用者の評価等が一つにまとめられているため、手早く情報を見て判断できるところが利点です。

さらにわかりやすく、ランキング形式で評価しているサイトもあるので、知識のない方が参考にするのに適しています。

 

種類以外にも、方法や流れにも着目

楽器買取を専門、もしくはメインとしている業者のうち、総合店では幅広い種類を対象としているので、扱ってもらえないということはほぼありません。また、売りたい楽器を専門に扱う専門店なら間違いなく対象となります。

実際の流れを考える時、どういった方法で対応しているのかにも着目してみましょう。店頭でのみ限定して対応するところもあれば、宅配便をつかったサービスや、自宅まで出張してくれるケースもあります。お店の近くに住んでいる方なら特に気にする必要はないかも知れません。

しかし近くにお店がない方は、宅配サービスや出張査定のあるところの方が、遠くまで持って行く面倒さがなくて利用しやすいでしょう。中にはインターネット専門店でそもそも店舗がない場合もあります。事情に合わせて選ぶと良いでしょう。

注意点としては、出張査定サービスの場合は、対象となるエリアが限られている場合がありますので注意が必要です。宅配サービスは対応していても、出張はエリア外となることもあります。

これらのサービス内容サイトで必ず紹介しているはずですので、よく確認してください。いずれの方法でも手数料が必要になるケースは少ないようです。

 

インターネット専門店でも事前に仮査定が可能

店頭買取の場合は持ち込んだその場で査定してもらうことになりますが、インターネット専門店の場合は宅配便を利用して送り、届いてから査定が始まります。こういうお店であっても、査定結果が気に入らなければ無理に売る必要はありません。

基本的には返送の際の配送料も無料としているケースが多いので安心でしょう。ただし、すぐに現金化したいと考えている方にとっては時間がかかる分、利用しにくいことにつながります。

こうした問題を踏まえて、インターネット専門店では、申し込みの時点で事前に仮査定をしてもらえる所も多くあります。仮査定は、対象となるメーカーや状態などの詳細な情報を事前に知らせることで、ある程度の査定をしてもらうことができるものです。

申告した内容が現物の状態と相違なければ、基本的にはその価格がそのまま反映されることになります。もちろん、この段階で想定しているよりも安いと思ったらやめることもできますし、他と比較する際にも便利です。インターネット専門店の仮査定は、実際に利用するか否かにかかわらず、意味のあるものとも言えます。

 

壊れていても買い取ってくれる場合がある

故障している楽器はもう処分するしかない、と思う方もいるかも知れません。しかし中にはどんな状態でも買取可能というケースもあります。当然、正常に動作する物に比べると金額は下がってしまいますが、捨てるとしてもお金がかかるところを、逆にお金が入ってくることにもなるのです。

もちろん、どんなものでも対象となるわけではありません。故障していても売れる場合は、基本的には電気を使わない生楽器がほとんどです。また、ギターやサックス、ピアノなどは、製造されたメーカーや年代によって希少価値があり、特に注意して査定してもらう必要があります。業者によって取り扱い一覧に掲載されていることもあるので、必ずチェックしましょう。

希少価値のあるものは、故障しているにもかかわらず高い金額がつけられるケースもあります。 故障の範囲については、業者それぞれで異なります。これは問い合わせて確認するしかありません。

電話やメールで問い合わせも可能なので、種類やメーカー、状態などを伝えればおおよその査定を出してくれる場合もあります。気になる方は問い合わせてみましょう。

 

実際に買取した例を掲載しているサイトも

実際に査定してもらうまではいくらで売れるかわからないことも多いですが、場合によっては実際に買取した楽器や査定価格などの情報を具体的に掲載しているサイトもあります。こういったサイトを見れば、一目で扱っている種類や相場を知ることができますので、心づもりも立てやすくなるでしょう。

もちろん事前査定をしてくれる業者もありますが、タイミングによっては面倒に感じる場合もあるでしょう。実例が掲載されていればすぐに把握できるので、便利に使えるというメリットがあります。

ただし、実際に買取した実績がないものについては、情報を得られない可能性があるというデメリットもあります。売れ筋や人気モデルなら取り扱い件数も多く、情報もそれだけ多く見つけられますが、そういった一部の例を除いては、こういうサイトではチェックできません。

実績の不明な場合でも、業者やお店に問い合わせれば事前査定が可能なので、特に心配はありません。当然ですが買取業者やお店が持つサイトも細かくチェックして、実績や実例が掲載されていないかを必ず確認してみましょう。

 

楽器を手放す時、せっかくなら可能な限り損にならないよう、高く売りたいところです。そもそも種類や状態によって対象とされなければ意味がありません。インターネットで検索すれば情報を得られますので、必ず調べてみて条件や事情に合った買取店を探してみましょう。