楽器買取専門業者を比較ランキング形式でご紹介!出張・宅配買取も口コミで評判【エレキギター・アルトサックスの査定にもおすすめ】

保証書があると楽器の買取価格が高くなる?

楽器を手放そうと考えたとき、少しでも高く売りたいと思うのは当然のことではないでしょうか。金額に影響を与えることになる重要なポイントの一つとして忘れてはいけないのが、保証書や付属品の有無です。楽器にもケースや説明書を始め付属品は多数ありますが、その中でも保証書は査定結果に大きな影響を与えることが多いです。

保証書があることで基本的に買取価格はアップする

購入した楽器の修理を無償で受けるための購入証明書であり、修理が必要なアイテムと期間内の保証書があれば保証期間中のギターは無償で修理を受けることができます。それ以外にもお店によっては、店舗印が押印されたものを持っていることにより、保証期間を過ぎていても、一部のメンテナンスが無料になる場合もあります。

あらゆるサービスがあることもあり、保証書を必要とするケースは多いので重要性が高いことは確かです。楽器が正規品であることを証明することができる存在でもあるので、買取業者に依頼するときにも役立ちます。

ケースや説明書、保証書といった付属品の有無により査定結果には大きな差が生まれることになるので、揃えておくようにしましょう。もちろん付属品がなければ買い取ってもらえないというわけではなく、一般的に売られているアイテムで特にプレミア価値やレアなものでもないとなれば、付属品の有無による査定額の違いはそれほど大きくはなりません。

しかし付属品があったほうが良いことは確かであり、あることによりマイナスに働くことはないのでセットとして査定に出すようにするべきです。電話やウェブサイトから簡単に利用でき手間がかからない簡易査定に申し込む場合にも、付属品の有無を伝えておくようにしましょう。

そもそも付属品の有無で査定金額にそれほど差が生まれないようなアイテムは、本体の買取金額自体もそれほど高額になる方は期待できません。楽器に関しては新しいものが良いというばかりではなく、ヴィンテージのものが価値が高まる場合も多くなっています。だからこそ本物という証拠にもなる書類や付属品は、かなり重要な存在だと考えておくべきではないでしょうか。

査定の手間が省けることもポイントになる

保証書には店舗印と購入日が記載されていることから購入の証明書にもなり、業者が査定のためにアイテムの情報を調べる手間が省けることになります。業者の中には店舗印が押されている保証書は査定額がアップすることを強みにしているところもあるほど、重要視されている存在と考えておきましょう。

保証期間内なら更に査定価格が高くなる場合も珍しくなく、購入して少ししか経過していないけれど手放したいアイテムがあるときにはよりお得に手放せる可能性が高まります。購入してから期間もそれほど経過しておらず、傷もほとんどない新品さながらな状態となれば買取限度額に近い金額で買い取ってもらえることも珍しくありません。

保証の書類に記載された購入日を基準に判断することになるので、それほど購入から日が経っていないことが印象アップに繋がります。査定の手間を大幅に省けることや、信頼できるという理由から高値をつけてもらえる可能性が高まっていることは確かです。

しかし業者によって異なる点も多いので、一概に購入から日が浅く付属品もあるから高値で買い取ってもらえるというばかりではないことも頭においておかなくてはなりません。そもそも楽器の買取を専門としていなかったり、実績があまりない業者に依頼してしまうと価値を理解しないまま安値で買い叩かれてしまうこともあります。

実績が豊富にある業者に依頼することが大切であり、経験と知識が豊富なプロが対応してくれるか確かめておくべきです。電話やウェブサイトから問い合わせることで対応してもらえるので、丁寧でわかりやすい説明があり納得できる先を選びましょう。

付属品の有無による買取価格の違いに関しても、わかりやすく教えてくれる業者は信頼できると言えます。当然ですがキャンセルに関しても確認しておくことが大切であり、キャンセル料が発生するかは事前に確かめてから申し込む必要があります。

店頭に持ち込むだけではなく、宅配や出張サービスを実施している業者も多いからこそルールに関する違いも確かめてから申し込むべきです。

気をつけるべきポイントについて

保証書を始めとした付属品が楽器の買取価格に影響するかは、アイテムによる違いがあるだけではなく業者による違いも大きいのでしっかり比較して選ぶことが大切です。保証書は他人に譲渡することができないので、買取に出すことで保証内であっても効果をなくしてしまうという点が大きく影響を与えることになります。

しかし購入日や購入店舗がどこかをはっきりとさせることができるので、それにより信頼を得ることができ、付属品を揃えることにより査定アップに繋がるケースは珍しくありません。

業者によりあまり関係ないということもあるので、複数の業者に問い合わせるなど確認しておくようにしましょう。楽器を専門として扱っているかに注目し、専門として扱っていなくても楽器類の買取実績が豊富な業者を選んでおくと安心して任せられます。

付属品がないと買い取ってもらえないのかと考えてしまう人もいますが、付属品がないからといって売れないわけではありません。それと同時に付属品があっても、本体は損傷が激しければ買い取ってもらえないこともあるので本体が重要ということは確かです。

保証書があっても店舗印が押されていないと買取額アップには繋がらないことも珍しくないので、店舗印の有無にも注目しておきましょう。古いものとなればそれだけで価値が高まるアイテムもあるからこそ、それを証明する付属品があることはかなり重要なポイントとなってきます。特に影響はないと考えがちですが、付属品の有無により買い取ってもらえるかに影響を及ぼす可能性もあるので探しておくようにしましょう。

その際には、一度付属品がない状態で買い取ってもらい、後から付属品が発見されることも視野に入れておく必要があります。基本的にはどうにもならない場合が多いですが、後から付属品が見つかった場合には改めて査定をし直してくれる業者も稀に存在しています。

もちろんアイテムも一点だけであるのではなく、まとめて売却したほうが高値をつけてもらえることが多いので、悩んだ際には一度まとめて査定に出すようにし、付属品もきちんと見つけておくようにしましょう。

 

付属品の有無によりいくらで買い取ってもらえるかに大きな影響を与える可能性が高いことは、頭においておくようにしましょう。もちろん必ずしもなければ買い取ってもらえないばかりではありませんが、付属品があることで査定額が下がってしまうことはないのである場合には必ず一緒に査定してもらうべきです。

業者により金額に違いがあるかはもちろんのこと、付属品を重視しているかにも大きな差が生まれることになります。複数の業者を比較し、本当に納得できる査定額を提示してくれる業者に買い取ってもらうことが大切です。付属品はあって困るものではないので、手放したいアイテムがあるときには同時に探しておくようにしましょう。

サイト内検索
楽器買取ランキング一覧!
第2位 中古楽器堂
第4位 大黒屋